「どんぶりin秋田2011」大館でのお披露目無事終了しました

 

 

事務局narutoです。
本日、二日間に渡った「東京ラーメンショー2011」出店ラーメンの
秋田県内でのお披露目イベントが無事終了しました。
本当に多くの方にご来店いただきありがとうございました。
皆様の関心の高さを後ろ盾に、きっと、本番も大活躍してくれるだろうと
心のそこから願っています。
私は、初日に出かけたのですが、開店前に行列ができていました。
「錦本店」は店頭に待合室があるので、ぱっと見にはわかり難いですが、
20名をこえる方にお待ちいただいていたようでした。
いざ、開店です。

わりとすぐに、満席になり、この状態が続いたようです。
お客さんのほとんどが、手をとめずに一気にたべてくれていました。
スープまで飲み干す方々が結構多かったのがうれしかったです。
これって、論より証拠で、美味しかったという証明だと思うからです。
もちろん、私も、そんな感じでした。

遠藤氏は、ラーメンショーに参加するスタッフと手順をチェックしながら
次々とラーメンを作っていました。
ラーメンショーの会場では、普段作っているものとは違うラーメンを
一日中作り続けることになるのですから、
今回のお披露目は、その作業を確認するためにも、
いいシミュレーションになったのだと思います。
お会計の時に、遠藤氏やスタッフに
「頑張ってきてね」と声をかけて下さるお客さまも多かったです。
みていてうれしくなりました。
*******
そして、下の写真が、二日目の開店前のお店の様子です。
開店を待つ、お客さまの行列が長くなっています。

大勢のお客さまが来て下さったので、
実は、東京に持っていくラーメン杯数から、
若干、お披露目に回して、現定数以上のラーメンを作りました。
最終的には450杯をこえる「どんぶりin秋田2011」を
秋田の皆さんに食べていただいたことになります。
本当にありがとうございました。
明日からは、頭の中を東京での本番モードに切り替えて
いろいろな情報を出していきたいと思います。
それと、もう一つ、
来週火曜日(11月1日)からは、サークルKサンクスから
秋田成ト会監修「味噌納豆らー麺」298円が、発売されます。
納豆風味がクセになる、ピリ辛とろりんのスープと
平打太麺がいい感じでからみます。
寒い季節には、身体の中からあたたまります。
そちらも、お見逃しなくー。

■関連記事

関連記事はありません

ラーメン動画 スポンサードリンク

タグ:

コメントは停止中です。

ページトップへ