秋田成ト会監修「味噌納豆らー麺」は、こんな感じデス

昨日、青森を除く東北5県のサークルKサンクスで販売が始まった 秋田成ト会監修のカップ麺「味噌納豆らー麺」298円。 事務局narutoも早速、コンビニに買いにいきました。 入り口近くの棚を独占。かなり、恵まれた場所にずらっと積まれています。 もし、このカップ麺のことをしらなくても、 「ん?なんだ」と思っちゃうような場所です。特等席ですね。 しかし、このサークルKサンクスで、一番目立つ「秋田成ト会」は別の場所にありました。 それは、コレです! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  人呼んで「秋田成ト会門」!? このしたをくぐると幸せになるとかならぬとか…(笑) いずれにせよ、サークルKサンクスさん、力はいってます。 そして、カップ麺と一緒に発売されたのが、おにぎりです。 「直巻おにぎりチャーハン(がっこ入り)125円。 「がっこ」は秋田弁でお漬物のことです。 なんて、このブログを読んで下さる方は、ほとんどお判りですよね、きっと。 カップ麺と合わせてどうぞ! ************ 結局、おにぎりを買うかどうか、迷いつつ、 結局、「味噌納豆らー麺」298円のみを購入しました。 ↓ 麺の上に具材入り粉末スープを乗っけて「じっと我慢の5分間」 具は、モヤシ、ネギ、キャベツ、それにひきわり状の納豆が見えますね。 この時点で、ふんわりと納豆の香りがします。 ↓さらに、液状の特製スープを入れます。 この袋を開けると、とろりとしたスープが入ってます。 おぉ、納豆の香りがする。表面に赤く浮かんでいるのは、辛みです。 そうです。このカップ麺は、「ナットウ」+「味噌」+「辛み」がポイント。 これからの寒い季節には、あたたまっていいですね。 食べているうちに、うっすらと、鼻の頭に汗かきました。 ひきわり納豆の食感が挽き肉っぽい感じで、いいアクセントになりました。 それと、写真を見て、もうお気付きかもしれませんが、 私、お湯入れすぎたみたいです(汗) なので、少し、スープは薄いかもしれません。 みなさまは、こんな失敗しないで下さいね。・・・しないか普通(汗) ↓麺はこんな感じ。カップ麺にしてはかなりコシのある平打タイプ。 食感がきちんとあり、しかもスープとの絡みもいいです。 実は、私は最後に計画がありました。 そのために、おにぎり購入を我慢したのです。 その計画とは、「白ごはん投入」です(笑)。 今回は、贅沢なことに、温泉卵も入れてしまいました。 あるブロガーさんが、このカップ麺を試食した後に 「これに白飯をいれたい」と書いていたのを目にして、 激しく同意したもんですから、試してみたくてしょうがなかったのです。 結果、美味しかったです。納豆おじやみたいになりました。満足。 しかし、一度満足すると、今度気になるのは、おにぎりの味。 今度は、カップ麺&おにぎりにトライしてみようと思います。 ツイッターやブログをみていると、食べた方の感想は概ね評価が高いようです。 まだの方は、この機会に、食べてみて下さいね。

秋田成ト会監修「味噌納豆らー麺」ついに発売!

本日、11月1 日(日)に、 ついにこのカップ麺が、サークルKサンクスから発売されます。 これが噂の、秋田成ト会監修のカップ麺「味噌納豆らー麺」298円です。 納豆発祥の地伝説を持つ秋田県らしい、ラーメンです。 納豆の風味とうま味を出すための工夫として、 味噌ダレに納豆ペーストが練り込まれています。 これで、納豆風味がぐんとアップした他に スープに軽くトロミが付きました。 そのトロミが、麺とスープの絡みをよくしたほかに、 スープが冷め難くなり、寒い季節にはうれしい感じです。 味噌ダレには、辛みも入っているので、チョイ辛テイストもいい感じデス。 そして、やや太めの平打麺が美味しいです。 スープも絡みまくりですが、もちもち感もあり、 事務局narutoは結構お気に入りでした。 具材には引き割りタイプの納豆にネギ、モヤシなどが入っています。 納豆の食感が挽き肉みたいで、食べているうちにいいアクセントになります。 どうですか? 気になりませんか?? 納豆と味噌、どちらも大豆を母に持つ醗酵食品。 相性が悪いわけがありません。 一足お先に試食した仲間の中には このスープの中に白飯を入れたいと言っている人もいました。 納得ですね。トライしてみます。 しかし、サークルKサンクスでは、 おなじく成ト会監修のチャーハンのおにぎりも同時発売中です。 そちらもチェックしてみて下さい。 最後に、一つだけ、感想を。 このラベルには、秋田成ト会のロゴのほかに、 会員各店のロゴが印刷されています。 一つのカップ麺に、これだけの店のロゴが乗る・・・。 これって本当にすごいことだと思います。 それが「秋田成ト会」なのだと、改めて実感するラベルですね。 そう思いながら眺めると、なんだかしみじみします。 お店で見かけたら、ぜひ、手に取ってみて下さい。

ABS秋田放送「エビス堂ゴールド」の取材を受けました。

いつも、読んでいただいてありがとうございます。 秋田成ト会ブログ管理人narutoです。 本日、秋田成ト会はテレビの取材を受けました。 取材場所は、横手市「らーめん丈屋本店」。 成ト会会長のお店です。 取材してくれたのは、ABS秋田放送「エビス堂ゴールド」です。 11月1日(火)、サークルKサンクスから発売される 秋田成ト会監修カップ麺「味噌納豆らー麺」を紹介する内容でした。 お店には、「エビス堂ゴールド」の清家康広アナウンサーが来店。 秋田成ト会会長「らーめん丈屋」浅野氏と 副会長「らーめん錦」遠藤氏が取材を受けました。 この「味噌納豆らー麺」は、 納豆発祥の地伝説を持つ秋田ならではのラーメンです。 納豆の風味&食感と、スープのトロミを出すために、 フリーズドライの納豆のほかに、味噌ダレに納豆の練り込むなどの工夫をして、 うま味を出すための試行錯誤がありました。 その苦労話や、成果などを、清家アナウンサーに二人が語っています。 しかし、この2ショット、今年はみかける回数が増えました。 成ト会結成前では考えられない2ショットです。 これも、成ト会効果の一つだな…と感無量の事務局narutoです。 いよいよ、清家アナウンサーの試食です。 湯気が立ち上る「味噌納豆らー麺」の美味しさを細やかに伝えてくれました。 そして、なによりも本当に美味しそうに完食してくれました。 うれしかったです。 この模様は、11月4日(金)16:15からの「エビス堂ゴールド」内で紹介されます。 ぜひ、ごらん下さい。 この「味噌納豆らー麺」は、ただ今、サークルKサンクスで予約受付中です。 ちなみに、青森県のぞく東北5県で発売します。 11月1日発売です。ぜひ、食べてみてくださいね。

ページトップへ

Production by